子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックをご紹介します♪

子どもとの関わり方(ショート)

子どもが幸せに生きていくのに必要な4つのスキル

本日の豆知識は、「お子さんが幸せに生きていくためにはこんなスキルを養いたいですね♬」というお話です☆

子どものためになる関わり方とは・・・?

本日の豆知識は、「お子さんにはどんな関わり方をしてあげたらいいんだろう?」というお話です♬

子どもの自己肯定感を育む脳の状態

本日の豆知識は、「お子さんの脳がこんな状態になるようにしてあげましょう!」というお話です♬

愛着の形成のために☆

本日の豆知識は、「本来の愛着って、こういうものですよ☆」というお話です♬

ひとり立ちしてもらうために☆

本日の豆知識は、お子さんや部下に「ひとり立ちして自発的に動いてもらうためにはこうした方がいいですよ☆」というお話です♬

三つ子の魂は百まで続く?

本日の豆知識は、「幼少期の経験は、その後の人生に影響するのか?」というお話です♬ Point! 三つ子の魂は、「環境が変わらなければ」百まで続く

子どもたちが身につけるべき能力! By WHO

本日の豆知識は、「これからの時代を生きる子どもたちは、こんな能力を身につけていくといいですよ!」というお話です♬ Point! 子どもたちよ、『ライフスキル』を身につけよ!

勝利よりも大切なものがある!

本日も豆知識ショート記事です♬ 「アスリートファースト・ウイニングセカンド」 アメリカの「米国スポーツ教育プログラム」のテキストの1ページ目に書いてある言葉だそうです。 重要なことは、何人の若者を人生の勝者とする助けができるかであり、どのくら…

『自子中心!』(誤字じゃないよ☆)

本日も豆知識ショート記事です♬ 子どもを大切にするというのであれば、親としては、「自分の子どもを信じる」ことと、「他人への要求が自子中心の身勝手なものになっていないかを吟味する」点とをあわせ持っていなければならない。 『自子中心』…。 例えばお…

成果を評価する時は・・・☆

本日も豆知識ショート記事です♬ 子どもがしたことへの評価、つまりフィードバックには2種類あります。 1つが『達成フィードバック』で、子どもが達成したことになされるプラスのフィードバックです。 もう1つが『欠如フィードバック』で、達成できなかっ…

褒めてる?甘やかしてる?

本日も豆知識ショート記事です♬ 「褒めること」と「甘やかすこと」は混同されがちです。 「褒める」は、相手の目標や到達度に応じて、存在、行動、結果を承認することであり、相手の心が前向きになるきっかけをつくること 「甘やかす」は本来やるべきことを…

親が子どもに関与するさじ加減☆

本日も豆知識ショート記事です♬ 場を与えられ、ルールを与えられ、教えられてきた組織は「学んでいく力」そのものが弱く、社員は「そんなことは会社が考えることだ」と学ぶ必要性を感じていない場合が多い 組織も育児も同じですね。 親によるコントロールが…

とにかく「存在」だけは認めよう!

本日も豆知識ショート記事です♬ 忙しいとき、子どもの話を聞くのは厄介である。でも、呼ばれたら、振り返って、相手の目を見る。これだけは実行しよう。 お料理をしているときや、アイロンをかけているときなど、目を離せないときもありますよね。 でも、ア…

レールの敷きすぎ!『先回り育児』

本日も豆知識ショート記事です♬ 『先回り育児』が問題になっている昨今である。子どもがすることを先回りして、親がやってしまうというものだ。 私は、『先回り育児』という言葉は知りませんでした(^^;; …が、そのことの問題点には共感できます。 『先回り育…

時には子どもを『相談相手』に!

本日も豆知識ショート記事です♬ 時には子どもを「相談相手」にする 人は相談されるのを喜ぶのである。だから、賢い部下は、上司に相談を持ちかけて相手を喜ばせ、その上上司の知恵を借りたり、協力を得たりしている。 TPOさえわきまえれば、頼られたら期待に…

「自覚を促す」には説明して分からせる!

本日も豆知識ショート記事です♬ 子どもだからと、「やめなさい」「お店の人におこられるよ」などと、一方的に言い渡して、分からせる努力を怠っていないだろうか。子どもだからこそ、何事にも理由があり、物事はその上に成立していることを分からせるのが、…

子どもには「目」で語りかける!

本日も豆知識ショート記事です♬ たとえ無意識の行為であっても、話し手が、 ・目をそらす ・目を伏せる ・顔を上げないで話す などをすると、相手は無視されたと感じてしまう。 相手が言葉を受け取るのを見届けて、初めて話したことになる。 ・・・スマホを…

子どもは自発的学習者!

おはようございます! 大人に教えられてではなく、自分で学習して成し遂げたことへの満足感が、子どもを夢中にさせ、さらに新たな学習へと駆り立てる。 親にやれと言われた「だけ」でやっていることは、身にはなりにくそうですね。 親や指導者には、お子さん…

指摘するのは今のことだけ!

「いつも+(否定)」 「また+(否定)」 否定的なこととを「いつも」「また」で括られると、とっても不快です! 自分だったらどうでしょうか? 「君の作る書類はいつもミスがあるな」 「また味付け失敗したの?」 「いつもじゃないし!」「またっていつの…

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。