子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

子ども動いてもらう・説得

子どもが指示を忘れない確率を上げるテクニック:リズムをつけよう♪

言っても言っても忘れちゃう。毎日毎日言ってるのに。 子どもは目の前の楽しいことに夢中ですからね♪そんな時、子どもが指示を忘れないようにするためのテクニックがあります。これを使えば、少なくともお子さんが指示を覚えている確率は上がるでしょう☆

発達障害について⑯:指示を出す際のポイント

今回は、タイトルの通り、お子さんに『指示』を出すときのポイントについてです。前回、前々回と、そもそも『指示』という形にならないための下準備と、 『指示』をだす場合の内容とその後の対応 についてご説明させていただきました。今回は、「指示の出し…

発達障害について⑭:お子さんへの指示・命令を『契約』という形に変える

宿題をやるつもりで帰ってきたのに、親に「宿題やりなさいよ」と言われた瞬間に宿題をやる気がなくなったという経験をしたことがありませんか?このやり取りは、お子さんと関わる際のポイントに反してしまったことによって生じてしまっています。そのポイン…

子どもの自立性を養うための一工夫:クイズを出そう♪

「片づけなさい!」「挨拶ぐらいしなさい!」「ありがとうでしょ!」お子さんを一人前の大人にするために、お子さんに様々な指示をだしているのではないでしょうか?このような場面で、ちょっとの工夫でお子さんの自立性・自発性をより高めることが出来る可…

気が乗らないお子さんを乗せるためのテクニック:急がば回れ

宿題、習い事・・・渋られていませんか?嫌いじゃないし、やればできることなのに・・・渋られていませんか?そんな時にお子さんを乗せるちょっとしたテクニックがあります。キーワードは『急がば回れ』です。

子どもが指示に従う確率をアップさせるためのテクニック集

遊び、テレビ、ゲーム‥子どもには子どもの都合もあります♪でも、やっぱりやるべきことはやって欲しいですよね?こんな時に、お子さんが指示に従ってくれる確率を上げるちょっとしたテクニックがあります♪

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。