子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

相手のリードに合わせるだけで、聞き上手になれるんです♬

会話が盛り上がらない。
会話がすぐ終わってしまう。

そんな気まずい経験をしている方は多いですよね?

コミュニケーションをスムーズにするためのテクニックは色々ありますが、『相手のリードに合わせる』ということもとても有効な方法です☆

相手に気持ちよく話してもらうことで、どんどん信頼関係が大きくなっていくということです♪

今回は、『相手のリードに合わせる』ための心理学的テクニックをご紹介します。

相手との信頼関係を確固たるものにし、話しやすい雰囲気を作りましょう☆

f:id:YUKAHISA:20190907224906j:plain

この記事は、『銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』(水希、2009)から学んだことの記録です。 作者の水希さんは、昼はカウンセラー、夜は銀座のホステスという異例な2足のわらじの方で、ホステスを始めた後でカウンセリングを学び、その後カウンセリングのクリニックも開いたのだそうです! とても優しくわかりやすい文章で、より良いコミュニケーションのための様々な方法が説明されています。 ホステスだけでなく、コミュニケーションに苦手意識のある全ての人におススメできる本です♪

ペーシングをしながら聞き役に徹する

『相手のリードに合わせる』ということの大切さについては、コチラの記事をどうぞ♪

www.yukahisa.com

まず「自分が話さなきゃ!」「盛り上げなきゃ!」という考え方を変えましょう!

そして、『相手のリードに合わせる』ことで、「この人は話しやすい人だな」と思ってもらいましょう♪

f:id:YUKAHISA:20190911075605j:plain

そのためにすべきことの1つめは、『姿勢あわせ』です。
心理学では、『ペーシング』と呼ばれることの方が多いかもしれません。

話している相手と同じ態度・しぐさをする事で、似た者同士であるということをアピールでき、それが信頼関係につながります。

相手が首をかしげたら自分も傾げる、相手が水を飲んだら水を飲むというように、同じことをしていきます。

ただ、『姿勢あわせ』は相手にバレたら全く効果はなくなります。
また、性別が違ったりするとやりにくいしぐさもあるかもしれませんね。
そんな時は、時間差をつけて合わせていったり、相手が足を組んだら自分は腕をクロスさせるなど、応用をきかせてみてください♪

大事なことは、「似た者同士であるというメッセージを送るようにする」ことです☆

2つめにすべきことは『声あわせ』です。
合わせるべきことは、『声の高さ・テンポ・大きさ』です☆

相手がボソボソ話したら自分もボソボソ話す、相手が明るくハキハキ話したら自分もハキハキ話すというように、相手のリードに合わせていきます。

声が合ってくると、それが「息が合う」に変わり、一体感が生まれます☆

まとめ

 いかがでしたか?

まずは自分のことは一旦置いて、相手のリードに合わせていく。
『姿勢あわせ』・『声あわせ』といった『ペーシング』という心理学的テクニックによって似た者同士であるというメッセージを送ると、お互いに共感し合っている状態になり、強い信頼関係を築くことができます。

こうなってしまえば、自分が話さなくても良好な雰囲気のまま時間は流れていきますし、自分が話すことになった時もとても受け入れてもらいやすい状態になっています♪

f:id:YUKAHISA:20190911223250j:plain

会話が弾む良い雰囲気を作るためには、必ずしも自分が頑張って話して盛り上げる必要はありません♪

『姿勢あわせ』や『声あわせ』を使って、『相手のリードに合わせる』ことができれば、自分が話さなくてもとても気持ちいい雰囲気を作ることができます☆

まずは『相手のリードに合わせ』、信頼関係に基づいた楽しい会話を楽しんでください!

この記事は、『銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』(水希、2009)から学んだことの記録です。

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。