子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

親子のコミュニケーションを活性化させる条件

「お子さんと上手にコミュニケーションが取れていますか?」

f:id:YUKAHISA:20191114052337j:plain

この質問に堂々と「Yes!」と答えられる方は少ないのではないでしょうか?
できている人でも堂々とは答えにくいですよね(苦笑)

そこで『子どもは「話し方」で9割変わる』の中に、親子のコミュニケーションが活性化するための条件について書かれていたので、ご紹介します。

「当たり前のことだけど、常に意識することは難しい」という内容だったので、忘れないようにしたいですね。

f:id:YUKAHISA:20190907224906j:plain

この記事は、『子どもは「話し方」で9割変わる』(福田健、2009)から学んだことの記録です。 著者の福田健氏は、言語科学研究所の指導部長・理事を歴任された後、株式会社話し方研究所を設立し、数々のセミナーの講師を務められています。 ついつい言ってしまうマズい声掛けや、心温まる理想的な声掛けなどを、事例を交えて軽快に説明されています。 子育てだけでなく、職場で部下と接するときにも有効な知識が満載です☆

コミュニケーションの定義

著者の福田健氏は、コミュニケーションについて、

お互いに、相手を認識し、理解し、尊重して行われる、メッセージの交換過程

と定義しています。

コミュニケーションの原則についての記事で書いたように、コミュニケーションは相手あってのものであり、相手・受け手へのリスペクトが大切であるということですね☆

親子のコミュニケーションを活性化させるための3条件

コミュニケーションは相手あってのものということが確認出来たら、親子の間で楽しく、生き生きとしたコミュニケーションが行われるための、相手との関係性についての条件を見ていきましょう。

(1)双方向性

f:id:YUKAHISA:20191030012024j:plain

今はもう、「黙っていてもわかる」という時代ではなくなり、情報を発信するということが大切になっています。

とはいえ、どちらかが一方的に情報発信していたら、それは指示や命令です。

お子さんに伝える・教えるだけでなく、子ども側の言い分も聞くというように、双方向のやり取りになっていることが重要です。

(2)水平性

f:id:YUKAHISA:20191029005609j:plain

親子とは言え、コミュニケーションをとる際の関係性としては上下は必要ありません

上から目線にならず、対等な立場でやり取りを楽しむことが大切です。

(3)対面性

f:id:YUKAHISA:20191114052548j:plain

メールでも電話でもLINEでもなく、また、何かをしながらでもなく、「その瞬間・その場所での面と向かったやり取り」が大切ということですね。

3条件を意識したコミュニケーションを!

f:id:YUKAHISA:20191101002906j:plain

親子のコミュニケーションを活性化するための条件…

双方向性・水平性・対面性…

かみ砕くと、「お互いに・同じ立場で・面と向かって」といった感じでしょうか。

当たり前といえば当たり前ですが、常にしようと思ったら非常に困難ですね。

しかし、この3条件が揃っていれば、間違いなくコミュニケーションは活性化するでしょう☆

完璧にはできないかもしれませんが、知っていれば、意識もできるし反省もできます。

3条件が意識できているコミュニケーションの時間を少しずつでも増やしていきたいですね!

この記事は、『子どもは「話し方」で9割変わる』(福田健、2009)から学んだことの記録です。

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。