子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

時には子どもを『相談相手』に!

f:id:YUKAHISA:20201004211349j:plain
本日も豆知識ショート記事です♬

 

時には子どもを「相談相手」にする

人は相談されるのを喜ぶのである。だから、賢い部下は、上司に相談を持ちかけて相手を喜ばせ、その上上司の知恵を借りたり、協力を得たりしている。

 TPOさえわきまえれば、頼られたら期待に応えようと思いますよね。

 

これはお子さんも同じで、親から頼りにされるという経験は、お子さんの自己肯定感の向上にもいい効果があると思います。

(「お姉ちゃんだから…」と何でも頼ったりする、つまり、「子どもを遣う」、「子どもに依存する」という形になってしまったら逆効果ですが)

 

親子の関係は、どうしても「親→子」の一方通行のことが多いと思います。

そんな中で、親から相談されるということは、一人前の扱いをされているような形になり、お子さんも全力で期待に応えようとしてくれるでしょう♪

 

我が家でも「お昼ごはん、ラーメンとうどん、どっちがいいと思う?」など、大人にとってどちらでもいいような場面では、なるべく子どもに相談するようにしています。

そうすると、「昨日の晩ご飯が◯◯だったから…」など、本人なりに考えた答えを教えてくれます☆

 

ひと工夫は必要ですが、生活の中は、決定の連続です。

大人にとってどちらでも良いような選択肢がある場面では、ぜひお子さんに相談してみてください☆

 

お子さんとの『相談』というコミュニケーションについては、コチラの記事もどうぞ☆

この記事は、『子どもは「話し方」で9割変わる』(福田健、2009)から学んだことの記録です。

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。