子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

声が小さいだけで、「内気・臆病」だと思われる!?

f:id:YUKAHISA:20201011103039j:plain

本日も豆知識ショート記事です♬

 

心理学者Y・ローズの実験です。

68デシベル以下の声で話をする人は、「内気・臆病」という印象を与えてしまうそうです。

反対に、76~85デシベルの大きさの場合、「前向き・快活・積極的」という印象を与えるそうです。

さらに、86デシベル以上の大声の場合、「攻撃的」という印象を与えてしまうそうです。

 

デシベルで言われてもよくわかりませんが、一般的な声の大きさの人で考えたら、小さめの声で話したら内気に見え、やや大きな声で話せば快活な人に見えるということですね☆

 

内気な人から控えめに勧められた商品を買おうとはやっぱり思えませんよね。

プレゼンなどをする際には、やはり「大きな声でハキハキと」は大切なことです♪

 

「話の内容よりも、それ以外の要素の方が大切」のような実験もたくさんありますよね☆

声の大きさというのも、良いコミュニケーションをするための重要な要素の1つということだと思います♪

 

この記事は、『人は「暗示」で9割動く!』(内藤誼人、2007)から学んだことの記録です。著者の内藤誼人氏は、ビジネス心理学の第一人者として実践的な心理学の応用に力を注いでおり、『「人たらし」のブラック〇〇術』シリーズの著者でもあります。「暗示」がテーマとなっていますが、人を無理やり動かすようなお話ではなく、コミュニケーションや交渉の場において、「こうした方がうまくいく確率が上がりますよ」というテクニックや態度についての情報が満載です♪

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。