子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

聞く:待つ前に仕掛けろ!

f:id:YUKAHISA:20201025203718j:plain
本日も豆知識ショート記事です♬

 

「困ったことがあったら何でも相談しろよ」と言っていても誰も相談に来ない上司…。

お子さんが言ってくれなくて「なんで早く言わないの!」と迫る親…。

このような人たちは、「ただ待っているだけ」になってしまっています。

待つという姿勢は、何の働きかけもない所では生きてこない。こちらから近づき声をかけ、世間話などをして、ものが言いやすい雰囲気や状況づくりを、聞き手が行ったうえでなければ、「待つ」は生きてこないのだ。

「聞く=受け身のコミュニケーション」ではありません!

 

話しにくい人には、誰も話し掛けません。

話してもらうきっかけを作るのは、聞き手です♪

 

「こちらから仕掛けなきゃなぁ」と強く感じた方は、このことについての詳しめの記事をどうぞ♪

この記事は、『子どもは「話し方」で9割変わる』(福田健、2009)から学んだことの記録です。

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。