子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

記憶は簡単に塗り替えられる♪

f:id:YUKAHISA:20200830162640j:plain
おはようございます!

 

声かけで記憶を操作できてしまいます!

 

交通事故についての映像を見せ、

「車はどのくらいのスピードで接触しましたか?」

と聞かれた人の回答と、

「車はどれくらいのスピードで突っ込みましたか?」

と聞かれた人の回答を比べると、

「突っ込みましたか?」と聞かれたグループの方が速いスピードの回答をしたそうです。

 

質問の仕方によって記憶は歪んでしまうということですね!

 

例の実験の場合は、

「車はどのくらいのスピードでしたか?」ですかね?

 

事実を確認するときには、フラットな聴き方を心がける必要があります☆

この記事は、『瞬間説得~その気にさせる究極の方法~』(ケヴィン・ダットン、2011)から学んだことの記録です。

著者のケヴィン・ダットンはロンドン生まれの心理学者で、「社会的影響」研究の第一人者です。
本の中では社会的な影響力を利用して相手に思わず「Yes」と言わせてしまうテクニックが数多く紹介されています。
詐欺師も使えるようなテクニックですが、お子さんや部下を望ましい方向に(エゴではなく)導いてあげたいときなどにも有用なヒントが豊富に含まれています☆

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。