子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

【朝の豆知識】言葉の影響力

おはようございます! ブロガーバトンを書いてみたら、 「もっとしっかりブログを更新したいな・・・♪」 という気持ちが強くなりました☆ ・・・と言っても、記事を書くペースは上がらないので、内容を小分けにしようと思います! 最近、ツイッターで豆知識の…

『ブロガーバトン』がこんな私の所にも☆

ブロガーバトン☆ 普段の記事からは読み取れないようなブロガーさんの素の部分なんかも見ることができて、楽しく拝見させていただいていました♪ 反面、バトンが流行り出した頃、自身は記事の更新頻度が劇的に下がっていたので(今もですが)、「自分には縁が…

子どもの望ましい行動が増える声掛けテクニック:自己肯定感まで高まります☆

「勉強しなさい!」 「練習しなさい!」 このように促して、お子さんは素直に従ってくれていますか? 従ってくれないですよね。 このようなやり取りでは、お子さんは勉強・練習しないどころか、「言うことを聞かない子」という称号まで与えられてしまいます…

子どもの『やる気スイッチ』をONにするための質問テクニック☆

宿題、テスト勉強、部屋の片づけ… お子さんがやった方が良いことをしない時、どのように対応されていますか? 声をかけることで、返ってやる気をなくさせたり、イライラさせたりすることもありませんか? 人がやる気を出すためには、いくつかの条件が揃う必…

子どもに勉強や練習をたくさんやろうと思わせるテクニック:アンカリング効果

勉強や習い事の練習… お子さんに「今日はどのぐらいする?」と聞いて、とても少ない量を言われたり、「このぐらいやったら?」と提案してイラッとされたりしていませんか? そんなお子さんが思わず「たくさんやる」と言ってしまうテクニックがあります☆ 利用…

子どもの「もっと、もっと」は、小出しにするだけで防げます♪

おやつ、テレビ、ゲーム‥お子さんが「もっと、もっと」と騒いで困る場面はたくさんありますよね。ただ「ダメです」「いけません」と伝えるだけでは、子どもはなかなか引き下がってくれません。しかし、ちょっと事前に準備するだけで、このような状況を解決で…

「褒めて育てる」が間違っていない理由

「褒めて育てる」。 その通りだと思うと反面、心配もないですか? 「褒めたら子どもが図に乗りそう。」「褒めたら子どもがつけ上がりそう。」そんな心配を感じませんか? その心配は、「褒める」という言葉の捉え方によって生まれている可能性があります。 …

思い込むだけ!!『自己成就予言』で、パフォーマンスは劇的にアップ!

勉強でもスポーツでも、練習・トレーニングをするならより効果が出る方がいいですよね。 ちょっとした工夫で、練習の効果を増大させることができる可能性があります! キーワードは、『思い込み』です☆

ここまで知って欲しい!子育てに役立つエリクソンの発達理論④☆:学童期編

7歳~12歳の頃は、小学校という社会、コミュニティの中で、様々な経験をしていく時期ですよね。 発達理論①~③としてご紹介したエリクソンの理論は、この時期にもとても有効です♪ *「発達理論①~②」はコチラ♪ エリクソンの発達理論は非常に有能で、日本で…

もっと知って欲しい!子育てに役立つエリクソンの発達理論③☆:幼児後期編

4歳~7歳頃は、お友達との交友や習い事など、お子さんの活動範囲がグッと拡がる時期ですよね。 発達理論①・②としてご紹介したエリクソンの理論は、この時期にもとても有効です♪ *「発達理論①・②」はコチラ♪ エリクソンの発達理論は非常に有能で、日本で有…

これも知って欲しい!子育てに役立つエリクソンの発達理論②☆:幼児前期編

1歳半~4歳頃は、卒乳・トイレトレーニングなど、できるようになってもらいたいことが多い時期です。 その反面、イヤイヤ期と言われる時期でもあるので、それをやってもらうことがとても大変ですよね。 発達理論①としてご紹介したエリクソンの理論は、この…

ぜひ知って欲しい!子育てに役立つエリクソンの発達理論①☆:乳児期編

子育て…何が正解か分からないですよね! そもそも唯一の正解なんてないんですけど。 ただ、大枠として「こんな感じにやっていけばいいよ」という後ろ盾があったらちょっと安心できますよね。 そこでご紹介したいのが、エリクソンの発達理論です。 心理学の世…

後ろめたいことや、本当はやらない方がいいことを行動に移してしまうメカニズム:正当化

ダイエット、禁煙・・・ しようとしてるのに、つい甘えてしまうことってありませんか? やろうとしているのにやれない、やめようとしているのにやめられない。 そんな時には、共通する心の動きがあります。 それが、『正当化』です。

リストカット(自傷行為)のメカニズム

『リスカ』という言葉を知っていますか? 手首の辺りを自ら傷つける『リストカット』という行為の略です。 『リストカット』は、自分の身体を自ら傷つける『自傷行為』の1つです。 中高生を対象とした複数の調査をまとめると、「10代のおよそ10人に1人…

「やりたいけどできない」・「やめたいけどやめられない」を行動の原則から考える♪

受験勉強、ダイエット、禁煙、ジム通い・・・ブログもですね。 「やりたいけどできない」ということと、「やめたいけどやめられない」ということ、色々ありますよね。 これには、人間だけでなく、動物共有の原理が影響しています。 ここでご紹介する方法は、…

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。