子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

チェックリストを作るなら・・・

f:id:YUKAHISA:20201017160541j:plain

本日も豆知識ショート記事です♬

 

チェックリストは「愚直に1作業1チェックでつくるのがいい」

 

1つの項目に複数のステップが入っていると、判断がブレますよね(^^;

「〇〇会議の準備」みたいなチェックリストでは、漏れがあったり、いちいち何をすべきか考えながらになったりして効率が悪そうです。

「資料(〇〇)の作成」「資料(▲▲)の作成」「会議室の予約」・・・のように1作業ごとリストアップして、迷うことなく進みましょう♪

 

そういえば、私が今使っているToDoリストのアプリも、「〇〇事業」→「〇〇準備」→「1作業ごとのリスト」のように段階分けして作れるので重宝しています☆

やっぱり最後は、「1作業ごとのリスト」がいいと思います♪

 この記事は、『仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?』(飯野謙次、2017)から学んだことの記録です。筆者は失敗学会の事務総長も務められていて、「失敗・ミスを起こさないために」という視点からの様々なアイデアが紹介されています♪

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。