子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

謙遜の美学♪

f:id:YUKAHISA:20201007001708j:plain

本日も豆知識ショート記事です♬

 

謙遜の文化は、へりくだって控えめでいることを美徳としますが、それは自信を持たないでいるということではありません。

自信はもっていいし、持つべきものです。

ただし奢らずに自分を客観的に見るという、自戒の視点を持つことが美徳であり、より自分を高めていくという意味だと思います。

 

謙遜は、ただただ自分を下げればいいという訳ではありませんね☆

自信は持つけど、調子には乗らない。

そして、自分を客観的に捉えて、より自分を高めていくために必要なことを把握しておく。

その上で、相手に敬意を払う。

 

「自分〇〇については、▢▢ぐらいはできる自信があります。しかし、まだ修行中の身ですので・・・」みたいな感じですね♪

 

自信を持って、芯を持って、核を持って、謙遜していきましょう☆

この記事は、『たたくだけ!心と体の不調がすっきり つぼトントン』(森川綾女、2017)から学んだことの記録です。著者の森川氏は、東洋のツボを取り入れた心理療法「TFT」の、日本の協会の会長で、様々な場面で、TFTを用いた支援や、TFTの普及啓発に尽力されています。ちなみに私も、初級の資格だけ持っています♪本書では、日々の生活の中につぼトントンを取り入れるための具体的な方法が、とても丁寧に説明されています☆

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。