子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

試合や発表会の前の子どものやる気を劇的に上げるテクニック:成功をイメージして先にお祝いしよう♪

試合や発表会の前に、自信たっぷりでウキウキできるお子さんは滅多にいませんよね?

本番が近づき緊張しているお子さんに対して「何かしてあげられたら」と思われる親御さんは多いのではないでしょうか?

してあげられること、あります!
お子さんの緊張を和らげ、やる気を引き出すテクニックがあります☆

f:id:YUKAHISA:20190907224906j:plain

この記事は、『実践!PEP TALK』(浦上大輔、2019)から学んだことの記録です。 「ペップトーク」はスポーツ映画などでよく見る、監督やコーチが選手を激励するスピーチのことです。 著者はペップトークの日本での普及に非常に尽力されている方で、この本には、様々な場面で使えるペップトークの作り方や、日々のコミュニケーションで使えるペップトークの基本スタンスがとても分かりやすく書かれています。 先生、監督、コーチ、親…誰かを指導することがある全ての人に読んでいただきたい本です!

やる気を引き出すには?

人がやる気を出すためには、いくつかの条件があります。
それは、こちらの記事でご紹介しました。

www.yukahisa.com
人がやる気を出すためには、『「できそうだし、できたら良いことがありそうだ」と具体的にイメージすること』が必要です。


上の記事では、これを具体的にする質問方法をご紹介しましたが、同じエッセンスですが、よりノリノリになれる方法があります。
それは、ヒーローインタビューです♪

インタビューしながら、良いイメージを具体的にしてあげよう!

インタビュー形式で、「見事、◯◯をやられました、◻︎◻︎さんにお越しいただきました!」につづけて、以下のような質問をインタビュアーになりきって質問しましょう♪

f:id:YUKAHISA:20190917230743j:plain

・達成したときのことを詳しく教えてください。
・達成するためにどんなことを頑張りましたか?
・途中、どんな困難がありましたか?
・その時どんな言葉で自分を励ましましたか?
・達成するために協力してくれた人はいますか?
・その人にどんな言葉で感謝を伝えますか?
・改めて今どんな気持ちですか?
・次の目標はなんですか?

そして、「◯◯された◻︎◻︎さんでした!ありがとうございました!」で締めくくります。

これらの質問に答えていくと、達成・成功したときのイメージが具体的になります☆
つまり、『「できそうだし、できたら良いことがありそうだ」と具体的にイメージすること』ができた状態になります。
そして、照れながら答えていたお子さんの心はホクホクになります♪

具体的な良いイメージで本番に備えよう!

いかがでしたか?

f:id:YUKAHISA:20190914133035j:plain

未来に起こって欲しいことを言葉にして、先にお祝いすることを『予祝』といいます。
予祝をする際、具体的なイメージを持つことができるように働きかけてあげれば、その効果は凄まじいものになります。
お子さんが「できる!」と自信を持って本番に臨むことができるようになります。
ぜひ、優秀なインタビュアーになってみてください!

この記事は、『実践!PEP TALK』(浦上大輔、2019)から学んだことの記録です。

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。