子育て・育児や対人関係に役立つ心理学のテクニック

「子育て・育児や対人関係に使える!」と感じた心理学のテクニックを整理していきます♪

イメージトレーニングをする時の大切なコツ

試験、試合、コンクール‥

良いイメージを持って臨みたい場面はたくさんありますよね?

そんな時に役立つのが、イメージトレーニングです。

f:id:YUKAHISA:20191125233408j:plain

しかし、そのイメージトレーニング、逆効果になっていないですか?

イメージトレーニングには、大切なコツがあります!

f:id:YUKAHISA:20190907224906j:plain

この記事の参考書籍です♪

イメージトレーニングは、良い『未来』をイメージする

イメージトレーニングは、自分の望み通りの象徴的な現実に意識を切り替えることです。

どんな意識に切り替えるかというと、当然うまくいっている良いイメージです。

そして、ここからがポイントです。
良い『未来』をイメージします。
良い『過去』ではありません。

f:id:YUKAHISA:20191125233455j:plain

心と身体は密接です。
そのため、たとえ良い過去でも、過去をイメージした段階で身体は自然に後ろに下がります。
身体が後ろに下がった状態では、良いパフォーマンスはできません。

 

*未来をイメージさせる方法の1つの例です♪

 

イメージトレーニングは、『完了形』か『進行形』でイメージする

イメージトレーニングにおいては、「願望を強く願う」という方法は誤りです。

 

イメージすべきなのは、『完了形』か『進行形』です。

 

つまり、願う状況が叶っている状態や、願う状態に今まさに近づいているということをイメージします

 

表現方法だと、「〜た。」や「〜ている」ですね☆

 

参照している『人は「暗示」で9割動く!』では、このことの例として「シュブリエールの振り子」が紹介されています。

「シュブリエールの振り子」とは、50円玉に糸をつけて垂らし、「回れ、回れ」と念じると本当に回りだすというものです。

この振り子は、実は「回れ、回れ」と念じているうちは回りにくく、「ほら、回った、回った」や「もう、ずいぶん回っている」のように、『完了形』や『進行形』で考えて口に出すと、どんどん回り出します。

やってみたら本当にそうでした♪

 

イメージトレーニングの場合も同じで、理想の状態が叶っている・完了している所や、今まさに理想の状態に進行形で近づいている所をイメージするということになります。

 

まとめ

f:id:YUKAHISA:20191102231729j:plain

ポイントは、「未来の理想の状態が叶っている所をイメージする」ということです。

 

例えば陸上選手なら、過去の優勝したレースを思い起こすのではなく、これから始まるレースの先頭でゴールテープを切っているところや、これから始まるレースの後の表彰台に立っている姿をイメージした方が良いということです。

 

例えば受験なら、A判定をもらった模試やこれまでの努力を思い出すのではなく、志望校の合格発表で自分の受験番号を見つけたところや、志望校で楽しく生活してる姿をイメージした方が良いということです。

 

過去をイメージすると、身体は後ろに下がります。

イメージトレーニングをする時には、良い『理想が叶っている未来』をイメージしてください♪

 

もしこれまで、お子さんを「あの時のことを思い出せ!」と励ましていたら、これからは「この後◯◯になる所をイメージしてごらん!」に替えてみましょう☆

 

イメージができてニコッとなったお子さんは、きっと最高のパフォーマンスができるでしょう!

この記事の参考書籍です♪

このブログでは、育児や対人関係で利用可能な心理学的な理論に基づくテクニックをご紹介しています。
ここでご紹介しているテクニックに大きく影響しているのは、その相手との関係性です。
どんな有効なテクニックでも、相手との信頼関係・良好な関係がなくては成り立ちません。
ここでご紹介しているテクニックは、ただ相手を「操作する」・「操る」ためのものではありません。
相手との信頼関係に基づいた上で、その関係をより良好に・スムーズにするための一工夫のための方法としてご利用いただけたら幸いです。